炉火不純青

若輩者の作ったものまとめ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

たよりがあるのはよいことだ。



拝啓。
(中略)京都の桜の名所は人でごった返しているだろうが、こちらは静かである。駅には桜並木があるから、毎日花見のようなものだ。写真を取ったので同封しておく。
(森見登美彦「恋文の技術」より)

そんな訳で22日に恋文の技術の舞台の一つ、能登鹿島駅に行ってきました。読んだときから行こうとは思っていたのですが、なかなか踏ん切りがつかずにいました。そんな訳で今年こそは! と行ってきました。
別名「能登さくら駅」といわれるだけに、あたり一面桜桜桜だらけ。ホームは桜のトンネル、駅を降りても桜のトンネル。七尾湾を背景に桜。桜だらけ。数年分の桜を見た気分です。



イベントをやっていたということもあり、人でごった返していました。
これで晴れだったら倍ぐらいの人が来てたのではないでしょうか。人ごみが少し苦手な自分としては雨でよかった気がします。




雨に濡れた桜も綺麗でした。
そんな訳で意気揚々と桜やらを撮りまくって帰ってきました。いやあ、交通費だけでかなりお金が吹っ飛んだけど楽しかった! 欲を言えば和倉温泉の「総湯」や駅前にあるというミスタードーナッツにも行きたかったのですが、時間と距離の都合で断念。また来年、お金を貯めて今度は泊りで行ってみたいものです。


ちなみに、のと鉄道を利用して行ってきたのですが、こんなものに出くわしました。



花咲くいろはのは聞いたことはありましたが、永井豪さんのは初めて見ました。車内も各キャラが描かれており華やかでした。機会があれば乗ってみてはいかがでしょうか? 土・日・祝日・年末は「つこうてくだしフリーきっぷ」という1000円で一日乗り放題+近辺施設で利用できる500円分の割引券(さくら祭り中は屋台でも使えます)が使えるのでお得ですよ。ついでに終点穴水駅には声優さんが担当している車内放送をまとめたCDとクリアファイルが売っています(宣伝)。




残りは東方とかアニメめだかとか諸々くっそながい文章。善吉ちゃん可愛いよ善吉ちゃん。
東方のこと。
全作品N全自機でクリアを目指しているのですが、なかなか上手くいかず。あとは地の魔理沙全機、星の魔理沙B、神の妖夢だけなんですけれど、どれも癖があってなかなかコツがつかめません。なんとか6面まで到達は出来るのですが、大体残機1しか残っていないのですぐにゲームオーバーになってしまいます。
地のあやれいむが鬼門だと思っていたのですが、慣れない魔理沙の方が辛いようです。でもにとまりはボム的にもミサマリ派的にも使いやすいからいい加減クリアしたいんですけどねー。神の妖夢は調子乗りすぎて死んでしまうと言う間抜けっぷり……。
気分転換に妖精大戦争EXもやっているのですが、こちらもなかなか進みません。ブレイジングスターのような鬼ごっこが限界です。てか通常きつすぎ。
そんでもって、とうとう求聞口授が発売されましたね。
対談形式もいいですね。求聞史紀は阿求の想像の部分もあり実態が分からない部分もありましたが、こちらはトップの3人に限定されますが結構心の内をさらけ出しているように見えました。とくに白蓮さんと神子様とか。予想はしてたけど仲悪いなあw 神奈子様も神奈子様であれだし。
個人的には緋・DS組の資料が無かったことが残念です。巻末で書かれているように難しいのは分かるのですが、風以降の全キャラが載っていると思っていただけに残念な部分が多いです。あと微妙に誤植というかレイアウトミスが少しあったのが気になりました。
あとは花果子念報がwebページそのものなのが印象的でした。いやあ、確かに言及されているように能力は画像検索的なものだけどまさかwebニュースそのものの形をとっているものとは思いもしませんでした。いったいどういう風に印刷しているのでしょう……。
そして一輪さんの挿絵が素晴らしい。美人過ぎて息が詰まりました。カラーで見れないのが残念で仕方ありません。

めだかの話。
善吉!善吉!善吉!善吉ぃぃいいいわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!善吉善吉善吉ぃいいぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!人吉善吉ちゃんの山吹色の髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
コミック5巻の善吉ちゃんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ化決まって良かったね善吉ちゃん!あぁあああああ!かわいい!善吉ちゃん!かわいい!あっああぁああ!
小説版も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
善 吉 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!箱庭学園んああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の善吉ちゃんが僕を見てる?
表紙絵の善吉ちゃんが僕を見てるぞ!善吉ちゃんが僕を見てるぞ!見開きの善吉ちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメの善吉ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には善吉ちゃんがいる!!やったよめだかちゃん!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックの善吉ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあ安心院さぁあん!!!!玖、玖渚!!くろね子さぁああああああん!!!がはらさぁあああん!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ善吉ちゃんへ届け!!箱庭学園の善吉ちゃんへ届け!


正直すまんかった。あんまりにも長いから文字小さくしたわ。ついでにどこぞの過負荷の所為で「善吉ちゃん」呼びがデフォになったわどうしてくれる。
アニメめだかいいですねー。最初はめだかちゃんの声に違和感がありましたが、こういう声もありなのではと最近では思っています。めだかちゃんはかっこいいってイメージが強いのですが、初期のほうは可愛らしいですしね。わんこ回は可愛かった。
善吉ちゃんは言わずもがな。……なのですが、同時に君僕。2も見ているのでたまに「この要テンション高いな」とか逆に「この善吉ちゃんテンション低いな」と思ってしまいますw
照れて声裏返っているときのが素晴らしい可愛い。3話はAパートもBパートもかっこいい。阿久根先輩との会話も想像していた通りで素敵でした。ここですらこんなのだったら水中運動会回は絶対愉快なことになるwww
PVロング2のもがなちゃんの声可愛かったから5話楽しみ! もがなちゃん可愛い!

で、ここからよく言われている「球磨川は登場するか否か」についてちょっとばかし。
個人的には出る可能性が高いと思います。というのも、めだかが全45話という話があることと、OPで風紀委員会登場が確定しているからです。
ざっと読み返すと、対雲仙のときに乱心モードになるのですが、そこで球磨川のこと(その時点では名前は出ていないのですが)が語られているんですよね。乱心モードのシーンがあるならそれについて説明しないと訳が分からない、というか伏線張っといて回収しないってのはアレでしょうし。
じゃあ、乱心モードのシーンを切って風紀委員会で終わらせればいいのではないか?
それは可能かもしれませんが、OP最後のめだかちゃんの笑顔の直前で乱心モードらしきぼろぼろになっためだかちゃんの姿が映るんですよね。だから乱心モードカットは無いと思います。
そして3話、善吉が鹿屋先輩の集めた武器を蹴るシーンですが、原作では倒す程度に蹴るだけだったのが、アニメではわざわざ天井に突き刺していました。で、この「蹴って天井に武器を突き刺す」というシーンは十三組の十三人編の対宗像戦で出てくるのです。何故わざわざこのような改変をしたのか? 答えは十三組の十三人編までアニメを放送するからだと思います。原作読者へのサービスシーンとしては微妙ですし、こう考えても可笑しくはないかと。
で、これはほぼ難癖なのですが、OP最初の腕章が外れていくシーンで「副会長の腕章」まで外れるのです。これは副会長の登場までを指しているのでは?
と、以上駄文でした。別所で書こうと思ったけどなんかログインしにくい状態になっていたのでこちらに投げる。実際どうなんだろうね。45話って情報も怪しいし。
それにしても球磨川人気過ぎワロタ。豊崎さんもラジオで球磨川好きって言ってたしwww

分かってはいるけど、ニコニコだとコメントでネタバレありますねー……。善吉ちゃんが会長になったとか、なった途端レギュラー落ちしたとか。
最近はあんまり気にならなくなりましたが、やっぱネタバレはあんまりいいものではありませんねー。シュタゲみたいに嘘ネタバレが混じってればいいんですけどねー。「助手を殺したのはまゆしぃ」って嘘ネタバレを信じてずっとアニメを見てた……。
だべり | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | あおいひと

スポンサーサイト

- | 22:10 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://greenhorn01.jugem.jp/trackback/218
TRACKBACK
<< CDレビューみたいなあれ | TOP | キャパシティー限界突破 >>